患者さんの症例 ~足首のねんざ~

(10歳 小学生 サッカー部)

 


サッカー練習中ボールを蹴る際に
あやまって地面も一緒に蹴ってしまい
内側にひねって足首を負傷し来院されました。

触診していくと内くるぶしとその周囲の靭帯、
筋肉に圧痛があり(内果、三角靭帯、後脛骨筋腱)
さらにくわしく問診と触診をすると内側の靭帯部よりも
内くるぶし下の関節面に圧痛が見られました。

足首をうちがわに捻ってねんざした際に
関節面に強い負荷がかかり外側の靭帯よりも
内側の関節面の炎症症状が強く出ています。

動作時に関節の可動軸の異常が見られたため
整復動作の後にアイシングを行い干渉波による電気治療を行いました。

その後手技(PNF,マッサージなど)により関節をサポートする筋肉群の緊張をとり、
テーピング固定を行いました。

その後2週間テーピング固定と施術をしながら
徐々にサッカーに復帰しました。

ねんざでも年齢やケガの状況により
負傷箇所や負傷度合いが違うのでそれぞれに合わせて固定や
施術が必要となります。

適切な固定や施術ができるかによって治癒期間が大きく異なってきますので
ケガの場合はなるべく早い処置が必要です。
 
当院では患者さんの状態を確認し治療期間を設定し出場目標である試合に向けて
テーピングやPNFなどで施術していきます。

 
ひよこクラブに掲載されました

こちらにも当院が掲載されています↓

スタッフ募集

採用情報はこちら

メニュー

お体に関すること、施術内容などの

ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。

 

メールでのご質問に関してはメールでの回答を前提と致しますが

詳しく電話でお聞きになりたいことがありましたら

その旨をお書きくださいますようお願いします。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

ひよこアルバム

当院に産後の骨盤矯正

などで来られるかたの

こども自慢コーナーです。

ここにあなたのお子さんの

写真を載せて自慢しちゃって

ください(*^^*)

その他のこどもさんはこちら

ひよこアルバム

ひよこアルバム2

スタッフブログ

2017年

10月

12日

西条市にある「LoveCREPEラブクレープ」に行って来ました♪

続きを読む 0 コメント