自宅で簡単アイシング

 



今日はアイシングのことについて説明します。


ケガをしたら冷やすことはみなさんご存知ですがではそのやり方はご存知でしょうか?


ケガの時に一般的に冷やすと言ったら冷湿布ですが

ケガの直後に冷やす場合には「氷」で冷やすことをお勧めします。


氷で冷やすには理由があります。

1.患部の炎症を抑える

2.炎症の広がりを抑える

3.痛みを抑える

などがあります。


炎症を抑えるためにはなるべく「冷たい温度」で冷やすのがよく

てっとり早くアイスノンなどで冷やしたくなりますがアイスノンは

マイナスの温度になりますので

凍傷をおこしてしまうために氷がベストです。


患部を冷やす際にはその周囲も冷やすようにします。

たとえば、関節の前側を痛めた場合横も後ろも冷やす、といった具合です。


 

 

休みの日に接骨院に行けないときや毎日のケアにぜひやってみてくださいね




院長プロフィールはこちら             

愛媛県今治市上徳1—7—38                                                 
当日電話予約受付優先  0898-35-2408             

国保、協会健保、共済健保、組合健保など取り扱いしています。

交通事故外来 診療内容(PNF)紹介

受付時間

午前8:00~12:00 午後4:00~8:00

土曜日8:00~13:00

土曜午後、日、祝休診