足裏の痛み

夏休みになり学校での部活動は夏の大会も終わり

ランニングや筋トレなど基礎体力強化のメニューが増えてきます。

それにより基礎トレーニングで走りすぎて学生に足底腱膜炎が増えているようです。

足底腱膜炎は読んで字のごとく足裏の腱膜の炎症。

扁平足や外反拇趾などでも起こりやすいため発症は学生だけではありません。

症状は足裏の痛み、足裏のひきつり、足指の運動痛など

足首から下に症状が出ることが多いです。

ところが、症状の出始めは膝裏の痛みやふくらはぎの過緊張、

ひきつりなどからくるのが多いです。

足底は足底筋の他に多数の腱が有り

それらはふくらはぎや膝裏の筋肉から伸びたものです。

 

なので先ずは筋肉の張りがでてそれから足裏の痛みになって来ます。

放っておくと歩き方や走り方がかわり膝や股関節、

ふくらはぎの骨やかかとの骨に過負荷がかかり他の怪我にも繋がります。

足底腱膜の張りや痛みを感じたらアキレス腱伸ばしや

足裏のマッサージをして自宅でケアしてみるのもいいかと思います。

 

当院ではマッサージやPNFで

足の筋肉の緊張をとりふくらはぎの肉離れなどを予防しながら

テーピング固定で足首や膝関節にかかる負荷を減らし

ランニング中の負荷を減らしていきます。