指のねんざの副子固定

ねんざで来院された患者さん。

 

野球で転倒し手をついた際指をねんざされました。

 

当院で検査をしていてねんざにしては

関節よりも骨自体に痛みがあったので

副子(添え木)固定を行いました。

 

副子固定は骨折に準じた固定で、

もしものことを思い考えられる固定で最良のものを行いました。

 

固定後骨折の疑いもあったので紹介状をお渡しして病院を紹介しました。

 

病院での検査の結果骨折はなかったのですが

ねんざがひどかったためそのまま副子固定となりました。

 

ねんざや脱臼でも状態がひどいときは

副子固定をしたほうが治癒までの期間が早くなることがあります。

 

当院ではアルフェンス(アルミ副子)や

プライトン(熱可塑性プラスチック)などで

個々人にあった固定具を作って一日でも早く復帰できるように

固定をしていきます。