手をついて転倒し手首をねんざ~バスケットボール部~

患者さんの症例

 

バスケットボール 男性 小学生

 

バスケットボールの練習中転倒し手をついた際

左手をついて手首をねんざし来院されました。

 

病院でレントゲンを撮って骨に異常がなく

明日の試合にどうしても出なくてはいけないからと

緊急で応急的に治療とテーピングをしてほしいといわれました。

 

手首の状態を確認しましたが骨折はありませんでした

手首にある左右2本の骨が開いており手首の関節のバランスが

崩れていたので整復術を行い関節の可動域を十分動くように調整し

手を付けるようになりました。

 

最後にテーピングで固定し

荷重をかけても疼痛が出ないようになったので

初診の施術は終了しました。

 

 

今回の患者さんのように

緊急でのテーピングも行いますが

あくまでも応急的な処置です。

 

実際にねんざした状態が回復するまでには

この場合では3週間ほどかかりますので

痛みが減っているからといって治ってはいないので

無理をすると悪化してしまいます。


テーピングの固定はあくまでも運動の補助と

思っていただいた方がいいです。


ケガが重傷な場合は、ギプスや包帯での固定が

早く競技に復帰できます。


ギプス固定の症例はこちら

包帯固定の症例はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆彡産後骨盤矯正でお悩みならこちらをどうぞ。

 

 

今治市上徳の星野鍼灸接骨院

【スポーツ外傷・むちうち・骨盤矯正】


当院のクチコミサイトははこちら
エキテン  http://www.ekiten.jp/shop_2215804/review.html

 

電話予約優先(電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

 

 

ンキングに参加しています。

少しでも役にたったならポチッとクリックしてくださいね(^^)

   にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村