免疫力アップに当院が貢献できること

こんにちは。

 

今治市上徳の星野鍼灸接骨院院長の星野です。

 

当院に来院されている患者さんはもうご存知の方も多いと思いますが、当院では鍼灸・整体・栄養学・カウンセリングによるストレスケアを中心に免疫力アップに貢献している、ということを改めて皆さんにお話ししていきます。

 

当院の施術の目的は、食事・睡眠・運動・ストレス・神経の5つを軸に、姿勢を整えて家族みんなが健康で笑顔で過ごすことです。

 

僕は鍼・灸・接骨・あんまマッサージ指圧と4つの国家資格を持っています。

 

元々東洋医学である鍼灸や指圧の考え方には未病というものがあります。

 

未病とは、健康な状態から病気になる前に、体力や免疫力が下がった状態を言います。

 

体力や免疫力の低下があると、病気になりやすいので、その状態の時から施術をして健康を保つという考え方がベースになっているということです。

 

当院で行っている整体や鍼灸は、姿勢を整えることで神経の働きや体力の向上を図り、未病の状態から体を健康に向かわせるサポートをすることを目的としています。

 

 

免疫力を高めるためには、食事・睡眠・運動が大事で、さらに自律神経を整えることが、より健康を高めることになります。

 

また、精神的にも楽しく笑顔で過ごすことが免疫力の向上に関係することは、一般的にも知られていることでもあります。

 

当院の施術中やカウンセリングのお話でも、楽しく笑顔で無理をせず過ごすことをおススメしています。

 

政府の専門家会議で以下のような提言がなされました。

 

1.換気の悪い密閉空間を避ける

2.人が密集しているところに行かない

3.近距離での会話などをしない

 

これらは、感染者数を防ぐために行う措置です。  

 

当院でも、このコロナを期にさらに衛生面を徹底を行っております。

 

当院は国家資格での開業のため、鍼灸院、整骨院ともに法律で定められた開業するための基準があります。

 

開業する際には各市町村の保健所に届出をし、立ち入り検査があります。

 

この立入検査の内容は、待合室の面積、治療室の面積、消毒滅菌設備、換気などで、病院と同様の基準をクリアしていないと開業できない決まりになっています。

 

換気の基準も、 室内面積に対してどれくらいの換気能力があるのか?というところまで決まっています。

 

当院では、国で定められた基準以上の24時間の換気を常に行なっており、換気を徹底し、 人が密集しないように予約制をとっており、 ベッド間にカーテンを設置し個室化をしています。

 

また、治療時間も15分ほどで終わりますので、院の滞在時間そのものが短いので安心です。

 

【そのほかの当院のコロナウイルス対策】

 

●院の玄関に手指消毒用アルコール設置

●スタッフ全員マスク着用・手指消毒

●こまめな院内の換気

●喘息病棟などで使用する空気清浄機の設置

●次亜塩素酸水による空間除菌

●患者さんごとのベッドやまくらの次亜塩素酸水による消毒

 

また、以前から行っていることとして、患者さんごとのフェイスタオル入れ替えや、患者さんごとの干渉低周波の消毒をより徹底しています。

コロナウイルスと免疫について

 

この1〜2ヶ月の間にコロナウイルスによる感染症が拡大してきています。

 

コロナウイルス自体は、元々風邪のウイルスとして一般的なものですが、今までに確認されていない新型のもの、ということで一気に感染が拡大しているというものです。

 

新型が出てくるというのは、インフルエンザでも同じで、A・B・Cに分別でき、さらにH1N3やH3N2など細かな種類がたくさんあります。

 

今回のコロナウイルスもこれと同じように亜種として新しい型が出てきたものです。

 

人間が持っている元々の免疫システムには、自然免疫と獲得免疫という大きく分けて2つのシステムがあります。

 

自然免疫とは、あらゆる病原体に対して満遍なく攻撃できるもの。

獲得免疫とは、一度体験した病原体に対して、それに特化した免疫を作り攻撃できるものを言います。

 

新しい型のウイルスや細菌が出てきたときにも、自然免疫がまず働くので、感染すると必ずしも症状が出るということはありません。

 

当院での健康教室でそのあたりについて詳しくお話ししていますので、一度ご覧ください。

 

 

感染症対策として大事なことは、感染しても重症化させないことです。

 

もちろん、手洗いうがいで体にウイルスを入れないことが一番大事ですが、基礎疾患を減らす=未病を改善する努力をすることが必要ですし、免疫力を高める対策を取ることが大事です。

 

新型コロナウイルスに関して、重症化リスク因子として、高齢・基礎疾患として心血管疾患,糖尿病,悪性腫瘍,慢性呼吸器疾患などがわかってきました。

 

元々、一般に高齢者や基礎疾患がある方は、あらゆる病気になる確率は高くなります。

 

未病の状態でも体力が落ち代謝や免疫力が低下している状態です。

 

まして、基礎疾患のある方では、より体力も代謝も落ちるため、血流や神経の働きも悪化している状態とも言えます。

 

食べたものから体は作られるので、血液や神経や免疫の元となるものは栄養であり、それを代謝し体を作るのは睡眠や運動です。

 

そして、体を整えて自律神経の働きを整えるのが、当院で行っている整体や鍼灸の施術です。

 

つまりは、重症化させないで 免疫力を発揮できるかどうは、食事・睡眠・運動・ストレス・神経の5つを軸に、未病を防ぎ生活習慣を見直していくことが大事です。

 

あらためて、当院の日頃からお話ししている、自宅でできる 「食事」「睡眠」「運動」を実行していきましょう!

 

当院の理念は「家族みんなが笑顔で楽しく健康に過ごす」ことです。

 

これを読んでくれている、あなたやあなたの家族がこれからも笑顔で楽しく過ごせるように、より一層のサポートをしていきます。