【動画あり】膝の成長痛?小学生男子に多いオスグット

成長痛の代表格ともいえるオスグット。

 

太ももの筋肉である大腿四頭筋の緊張がきつくなると、その筋肉のけん引力によりひざ下の骨に炎症が出るものをいいます。

 

そこで今回は膝蓋腱下の脛骨粗面(いわゆるオスグッド病)のテーピングをお伝えしますね。


脛骨粗面における痛みは成長期男子に多く、オスグッドシュラッター病と呼ばれるものがあります。

 

成長期に骨と筋肉の張力バランスが崩れて、大腿四頭筋の付着している脛骨粗面に牽引力が働き傷めるものです。

過度の練習が原因で起こりやすく、ひどい場合は脛骨粗面の剥離骨折をおこす場合があるので注意が必要となります。

    ↑↑↑↑↑

この記事が少しでも参考になりましたら上のボタンで

シェアしていただけるとありがたいです。