オスグッドに逆効果⁈やってはいけないストレッチ

スポーツをする学生に多い膝痛といえばオスグッド。

 

当院に来院される学生さんにも、とても多く見られます。

 

オスグッドは、太もも前の筋肉が緊張して硬くなり、膝を曲げたときに膝下の痛みでスポーツができなくなります。

 

予防や改善のために、太もも前のストレッチをする事が多いのですが、一般的にオスグッドのためのストレッチと言われるものでも、やってはいけない、逆効果になるものもあります。

 

今回は、そのストレッチと理由と代わりになるストレッチについてお話しします。

 

やってはいけない⁈太もも前を伸ばすストレッチ

 

オスグッド病(オスグッドシュラッター病)は、太もも前の筋肉が硬くて伸びないため、膝下の骨を強く引っ張っている事で起こります。

 

太もも前の筋肉が緊張して硬くなるため、太もも前を伸ばすストレッチを行う事が多いです。

 

太もも前のストレッチで硬くなった筋肉をほぐすのですが、筋肉を伸ばすことにより膝下の骨を無理に引っ張るようになります。

 

つまり、ストレッチをする事でさらに引っ張ることになり、痛みが強くなってしまいます。

 

せっかくのストレッチが逆効果になっているという事です。

 

膝を曲げて痛むときにできるストレッチは?

上に書いた理由で、もも前のストレッチはしない方がいいのですが、自宅でもケアをして少しでも早くスポーツを全力でしたいですよね。

 

膝を曲げて痛むときにできるストレッチはないのか?といえばそうではありません。

 

膝を曲げるストレッチができないのであれば、伸ばしたままできるストレッチをすればいいという事です。

 

膝を伸ばしたままできるストレッチについては、次回のブログと動画でお話しします。

 

歩き方も大事です

膝の痛みが出ている方は、歩き方も悪い事がほとんどです。

 

歩き方についてとストレッチをしてはいけない理由については、動画で説明していますので、次の動画をご覧くださいね。

 

動画はこちら